ドライアイと涙の関係


pixta_7754854_M

 

 

ドライアイは「涙」の病気です。

 

 

ですが「涙」にも種類がある事をご存じでしたか??

 

 

◆ 涙は3種類 ◆

 

まずは、

 

玉ねぎを切った時や目にゴミが入った時に流れる涙。

 

①「刺激性の涙」

 

これは、目が刺激を受けた時にだけ流れる涙です。

 

 

次に、笑ったり、感動したり、怒ることでながれる

 

②「感情の涙」

 

 

最後に無意識のうちに流れている

 

 

③「基礎的な涙」です。

 

 

 

ドライアイの原因になるのは最後の「基礎的な涙」です。

 

 

 

◆ ドライアイと関係が深い「基礎的な涙」とは?? ◆

 

 

基礎的な涙は、一日に2cc~3cc程度排泄されています。
年間にすると缶コーヒー1本程度。

 

 

少ないのですが、基礎的な涙は血液を透明にしたような複雑な液体です。

 

 

その為、沢山の栄養と特殊な構造でできています。

 

 

◆ 基礎的な涙の成分 ◆

 

 

・たんぱく質(リゾチーム、ラクトフェリン、アルビニン、免疫グロプリン、銅・亜鉛SOD)
・ビタミン(A、C)
・細胞成長因子(EGF、TGF-、TGF-1、TGF-1b、TGF-2)
・電解質(ナトリウム、カリウム、カルシウム、塩化物イオン、重炭酸イオン、硫酸イオン、リン酸イオン、硫酸イオン)
・抗酸化物質(チロシン、グルタシオン)
・炭水化物(グルコース)など・・・

 

 

 

現在の技術をもってでも、

 

 

涙の代替を作ることは難しいほどの栄養素だそうです。

 

 

 

◆ 基礎的な涙の3層構造 ◆

 

 

涙3層図

 

 

<油層>
まぶたの裏にあるマイボーム腺から分泌される油の層で、涙液の蒸発を防いでいます。

 

<涙液層>
涙液の層がいわゆる涙と呼ばれている部分です。厚さで言うと3つの層の合計で約90%以上を占めている層になります。

 

<ムチン層>
涙をつなぐノリの様な役割をしている為、ムチン層がくずれると涙が目の表面全体にうまく広がりません。

 

 

3層構造と涙の成分がすべて揃ってはじめて「涙」として機能するそうです。

 

 

たかが涙なのに、複雑なんですね。

 

 

でも複雑なのにはちゃんと意味があるのです。

 

 

それは涙の働き

 

 

◆ 基礎的な涙の5つの働き ◆

 

 

①目の乾燥を防ぐ
涙は目の皮膚みたいなもの。

 

 

涙は、外界の刺激や乾燥から目を保護しています。

 

 

②目に酸素や栄養を供給する

 

 

目は物を見るために、血管が通ってない!

 

 

その変わりが「涙」

 

 

涙が血液に代わって、酸素や栄養を運んでいるんです。

 

 

だから、血液と同じ成分でできているのです。

 

 

③感染を防ぐ

 

 

涙は洗浄機能もあります。

 

 

目についた汚れやゴミを涙で洗い流し目をきれいにしているのです。

 

 

また、涙にはリゾチームという殺菌作用をもった物質が含まれており、

 

 

微生物の侵入や感染を予防する働きをします。

 

 

④目の表面の傷を治す

 

涙には、目の表面の傷を治癒する成分が含まれています。

 

 

⑤目の表面を滑らかにする

 

 

目の表面の凹凸を滑らかにし、

 

 

見やすくする役割をしています。

 

 

 

 

たかが涙ですが、目にとってとても大切な働きをしているのですね。

 

 

今回はドライアイと直接関係している基礎的な涙をご紹介しましたが、

 

 

「刺激的な涙」と「感情の涙」

 

 

を使ってもドライアイの対策が出来ます!

 

 

是非こちらの記事も見てみてください。

 

 

 

涙腺の便秘でドライアイ

 

 

 

 


コメントを残す