眼疾患に効く温泉


※イメージ

温泉には、肩こり、皮膚病、冷えなど・・○○に効く温泉として、

たくさんの効能効果が紹介されています。

 

「眼疾患に効く温泉」も全国で130箇所程度あると言われています。

その中から個人的に、行ってみたい2箇所を紹介します。

まずは、

 

新潟県にある「貝掛温泉」。

 
車だと、関越自動車道湯沢ICより約15分。

全国でも希少な目に良い温泉で、江戸時代より日本に3つの「目の温泉」として、

眼病予防に良いとされる有名な温泉です。

37℃という、ぬるめの温泉で30分はおろか1~2時間ゆったり気分で入っていられるらしく

温泉から眺める緑の景色も最高だとか。

そして、

 

代表的な温泉郷である箱根エリアから「姥子(うばこ)温泉」

箱根温泉郷の中でも最高所に位置し、温泉群の中でも歴史の古いもののひとつです。

古くから眼病に効く温泉として知られ、かの金太郎が目に怪我をしたとき、

姥がお告げで見つけた温泉で目を洗ったところ全快したとの伝説がある温泉です。

お近くに行った際には是非立ち寄ってください。

 

「温泉に浸かりながら是非やって頂きたい目の体躁」

1 深呼吸

2 体を左右に曲げる体側

3 肩をぐるぐる回す

4 おでこをトントン叩く

5 マユ、こめかみをゆっくりマッサ−ジする

6 首と目玉を回す

7 首すじのマッサ−ジ

8 手で頭を引くように後ろから押さえる

9 目のつけ根のマッサ−ジ

10 遠近凝視、手を伸ばして人指しユビを

11 肩叩き

12 深呼吸

お試しください。


コメントを残す