白内障


白内障イメージ

今回は、目の病気シリーズで「白内障」を紹介します。

ドライアイも現代病とも言われる立派な目の病気です。まぁ立派というのもおかしいですけど。

<白内障とは>

どんな病気でしょうか。

簡単に言うと、水晶体が濁ってくる病気の事です。

水晶体は、人の目の中で、カメラのレンズにあたる部分を呼び、光を反射して物を写す機能のことです。

正常な水晶体は透明で、光をよく通し色んなな原因で水晶体が変化して、濁ってくることがあります。これが「白内障」です。

水晶体が濁ると、光がうまく通過できなくなったり、光が乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下します。

進行すると手術が必要になりますが、医療の進歩により現在ではきちんと回復できるようです。

<原因>

原因として最も多いのが「加齢」と言われてます。

具体的には、40歳代から発症する方もいて、年齢を重ねるにつれ増加して、80歳代にもなれば、ほとんどの方が白内障が発見されると言います。

だけど、もちろん個人差があって、目が見えづらくなるとは限らないらしい。

ちなみに祖母も80歳代。でもそんなこと何も言わないなぁ・・・。今度会った時、色々聞いてみようと心配心配!!

他の原因としては、

・外傷によるもの

・先天的なもの

・薬剤による副作用

・他の目の病気に続いて起こるもの

・有害光線(紫外線や赤外線)

・日焼けマシン(人工日焼け)によるもの

・レントゲンなどによる放射線被曝

などが関係してるみたいです。

水晶体を構成する蛋白質の一部が、変化して、黄白色や白色に濁ることにより発症するけど、本当の所の原因は未だ解明されてないみたいですね。

本当、人間の目は複雑。てことは、体も超複雑。てことは、人間て・・・。不思議・・・。

<症状>

症状は、原因によっても違うけど、一般的には、

・かすんで見える

・物が二重に見える

・まぶしく見える

などの症状で、最終的には視界が白く濁るというのが白内障。

イメージとしては、湯気のすごいお風呂とか、スチームサウナの中にいる時に見える見え方に近いのかなと思います。

そして、症状が悪化すれば、視力が低下してきちゃうみたいなので、早急な治療と対策が必要ですね。

また、眩しさが強くなったり、眼が疲れやすくなったり、眼底に痛みを感じるようになったり。

最終的には、黒目の部分が白っぽく濁って見えるようになって、視界が白濁して見えなくなることもあるみたいなので、要注意!!
でも症状が表面化しないことも珍しくないとのことなので、少しは安心!?

いやー安心じゃないな。

現代は高齢化社会へまっしぐら。白内障は目の病気の中で最もありふれたものになると言っても間違いじゃないかなと思います。

それに併せ、技術の進歩も進み、早期の復帰が可能となってきているので、違和感を覚えたらまずは、眼科へ行ってみた方が良さそうです。


コメントを残す