【眼精疲労】の薬ランキング


寝ても取れない眼精疲労や肩こり

頭痛がある時は眼精疲労用の薬がおすすめです。

でも・・

眼精疲労の薬って多すぎ!!

FullSizeRender

一番効果がある眼精疲労の薬は?

それぞれの眼精疲労薬の違いは?

眼精疲労薬でコスパが良いのは?

副作用や、体への負担が少ないのは?

眼精疲労、肩こり、頭痛・・・。自分の症状に合っている薬は?

迷ってしまうくらいあります・・・。

 

成分の種類

成分の効果

成分量

体内への吸収

など成分を中心に

眼精疲労薬ランキングを作成してみました。

 

 

眼精疲労薬ランキング

 

1位 ユンケル1.6.12EX (佐藤製薬)

FullSizeRender

眼精疲労の薬と言えば、

「アリナミン」と「キューピーコーワ」シリーズが人気ですが・・・

「ユンケル1.6.12EX」は、

「アリナミンEXゴールド」に2つの成分を追加したような、とても良く似た薬。

ユンケルと言えば、イチローさんがCMしていることもあってドリンクタイプが有名ですが、

眼精疲労薬もかなり優秀です。

 

有効成分は7種類。

吸収を高めた製法のB1と,B6,B12、ビタミンE、ガンマオリザノール。

アリナミンEXゴールドと比較すると、

ビタミンB6が40mg多く、ニコチン酸(ビタミンB3)とカルシウムが配合されています。

ちなみにアリナミンに入っている葉酸はなし。

 

今回ランキングを作成した12種類の眼精疲労薬の中で

最も多いビタミンを摂取できるので即効性が期待できます。

ユンケルのデメリットはカフェインが入っていることと、

ビタミン量が多く、口臭などが気になる方もいるようです。

 

アリナミンEXゴールドも眼精疲労薬の中でも口コミも良く

良く効く薬なので、1位と言いたいのですが・・・

他の眼精疲労薬が『3粒』あたりで成分量を表記しているなかで、

ユンケル1,6,12EXは一日『2粒』で同じくらいの成分量を摂取できます。

そして金額がかなり安い!

一日2粒で「約62円」!!

50錠 1886円

150錠 4743円 ※希望小売価格

この安さは凄い!CM代がないからか?

 

眼精疲労薬の成分量と成分

コスパの良さを評価し眼精疲労薬ランキング1位に選びました。

 

眼精疲労薬ランキング1位のユンケルが効かない方は、

薬の処方が違う「キューピーコーワiプラス」

が効くという口コミも多いのでオススメです!

 

2位 アリナミンEXゴールド(武田薬品)

FullSizeRender (1)

有効成分は6種類。

吸収を高めた製法のB1と,B6,B12、天然型ビタミンE

他の眼精疲労薬には配合されていることが少ない葉酸と、

ガンマオリザノールの医薬品成分が入っています。

 

眼精疲労ランキング1位のユンケルよりも優れているのは、

「天然型ビタミンE」と「葉酸」そして「ノンカフェイン」って所です。

他の眼精疲労薬よりも長期使用する安心感はあります。

デメリットは

超強力なビタミン剤だけに、口臭が気になることがあるとの口コミも。

そして、眼精疲労薬の中でも値段が高め。

一日3粒で「約165円」

45錠 3000円

90粒 5000円 ※希望小売価格

CMで大々的に宣伝しているのもあって、

アリナミンシリーズなどは

医薬品総売り上げ業界第1位!

ブランド力はありますね。

 

眼精疲労薬ランキング2位が効かない方は、

ランキング3位のキューピーコーワiプラスが効くという口コミも多いのでオススメです!

 

3位 キューピーコーワiプラス (興和株式会社)

FullSizeRender (2)

有効成分は7種類

ビタミン系は3種類で薬量も他の眼精疲労薬に比べ少ないが、

眼精疲労の薬ではあまり使用されていない

4種類の医薬品成分

「オキソアミジン末」「ガンマオリザノール」「カリウム、マグネシウム」「ヘプロニカート」

が配合されているのが特徴的です。

 

ランキング1位2位よりも優れているのは

眼精疲労薬に多い強力ビタミン剤と違うこと。

他の薬にはない

ニンニク成分や、血流を良くする、神経を修復する医薬品のせいか

ランキング1位、2位の眼精疲労薬が効かなかった方は

キューピーコーワiプラスが効くとの口コミが多い。

特に

ストレスがたまっている。自律神経が乱れている。

活力がない。こんな眼精疲労の方は

キューピーコーワiプラスがおすすめです。

カフェインが入っているので、

元気になる反面、寝れなくなるなどのデメリットもありますが、口コミも絶大!

キューピーコーワゴールドシリーズは、

総合栄養剤売り上げ業界第1位!

ブランド力も安心感です。

 

価格は一日3錠「約90円」

27錠 1200円

80錠 2600円

180錠 5500円 ※希望価格で表記

写真はお試しの「27錠」。手軽に試せるのもいいです。

 

 

眼精疲労ランキング 4位~12位

 

4位 リゲインEB錠(三共製薬)

 

5位ノイビタZE(第一三共ヘルスケア)

 

6位べリックス・ネオ(シオノギ製薬)

 

7位アリナミンEXプラス(武田薬品)

 

8位新キューピーコーワi(興和株式会社)

 

9位ナポリンS(エーザイ)

 

10位エスファイトゴールドDX(エスエス製薬)

 

11位・アスパラ・メガ(田辺製薬)

 

12位モアストレッチ(参天製薬)

 

 

◆眼精疲労薬の注意点

 

眼精疲労薬は即効性がありますが持続性はありません。

 また副作用もあり、合成物質を多く使用しているので

薬を長期飲み続けるのは体への負担も少なからずあります。

眼精疲労薬の説明書にも

1か月服用しても改善がみられない場合は、

服用を中止して医師や薬剤師にご相談くださいとあります。

 

慢性的に眼精疲労があると言う方は

漢方やサプリメントもがお薦めです。

 

◆漢方

眼精疲労や肩こりを改善するための

「肝臓」「腎臓」などの内臓の働きを高め、

血流を良くし眼精疲労を改善していきます。

 

◆サプリメント

ビタミンやミネラル、目に良いルテインや、アントシアニンなど

バランス良く成分を摂取し自らの体の回復力を高めることで

眼精疲労や肩こりを緩和していきます。

眼精疲労におすすめのサプリはこちら

眼精疲労におすすめのサプリ

 

眼精疲労の漢方やサプリメントは即効性はありませんが

自らの回復力を高めるので

根本から眼精疲労を緩和することが期待できます。

眼精疲労が中々治らなくて

長期間、眼精疲労薬を飲んでいると言う方は漢方やサプリメントを試してみてください。


コメントを残す