ドライアイで目の「くま」が出来るのはなんで??


 

「くま」は、女性の3人に1人が悩んでいると言われ、ドライアイが原因で「くま」出ている方も少なくないそうです。

そもそも、「くま」ってなんでできるの?と思いますよね。

それは目の周りの皮膚が他と比べかなり薄く、血管が見えてしまっているのが「くま」の正体です。

でも、血液は赤いですよね・・・

「くま」は青白くなったり黒くなったり色がつくのはなんで?とおもいますよね。

 

その答えは、血行が悪くなる事で、血液中の酸素が減少し、血液の色素であるヘモグロビンが、

赤色から暗い赤色に変化してしまう為、黒ずんで見えてしまうのです。

酸素を含むヘモグロビン=きれいな赤色で、酸素を含まないへモグロビン=暗い黒っぽい色 なのです。

血行が悪くなる原因は5つあります。

①睡眠不足や疲労

睡眠不足や疲労が重なると、目の下の脂肪が血管を圧迫して血行が悪くなり、目の下に「くま」が出来ます。

 

②ストレス

自律神経とは、血液の循環調整や内臓の機能など、自分の意思とは関係なく機能する組織を制御する役目を持った神経です。

ストレスによって、自律神経が乱れ血流が悪くなることで「くま」ができやすくなります。

 

③体調不良による血行不良

全身の血行が悪くなる事で、くまが出来ます。

 

④眼精疲労

目の周りが疲れ、血管に乳酸という疲労物質がたまり、血流が悪くなります。

また、眼精疲労によって目の周りの筋肉がコリ固まり、血管を圧迫することでくまが出来ます。

 

そして・・・⑤ つ目がドライアイです。

ドライアイになると、眼精疲労とストレスが溜まりやすくなります。

一時的な血行不良は休息や、時間が改善されることが多いのですが、ドライアイは一時的ではなく続くため、「くま」が慢性的になり、取れなくなります。

くまを改善するために、ドライアイを改善しましょう。

 

「くま」を改善する効果的な方法は目を温める事です

初歩的ですが、定期的に行う事で「くま」に最も効果が高いと言えるでしょう。

特に「くま」には、朝温めると良いそうです。

朝から血行をよくすることで、くまが出来にくくなり、くまが出来ても改善しやすい状態になるのです。

目元の血行促進に、ツボやマッサージもお薦めです。

 

そして、目だけでなく全身の血流を良くするために、運動、規則正しい3食の食事、入浴などを心がけましょう。

また、くまの原因は色素沈着であることもあります。

メイクをしっかり落とし、目をこするなど皮膚に刺激を与える動作も控えましょう。

 

この記事を読まれた方におススメの記事

簡単!ドライアイに効くツボ

極度のドライアイにお薦めのホットアイマスク「アイエコ」

3分でできる目の運動


コメントを残す