3分でできるドライアイ改善運動


pixta_1283396_S
パソコンや目を良く使うドライアイの方に特にお薦めです。

長時間のパソコン作業や、読書など集中していると、まばたきの回数が減り、
目が乾く、目の奥が重くなるなどの症状が出てきます。

さらに、目の疲れから肩がこる、首や肩、腕が痛むなど深刻な症状に進展することも。
目を使う時は、1時間ごとに10~15分の休憩をとり、目の運動で凝り固まった目の筋肉を和らげましょう。

 

◆「ウインク」運動

目の周りをほぐし、適度な刺激を与える事で涙が目全体に行き渡る効果があります。

<やり方>

①  左右交互にリズミカルに10~20回ずつウインクします。
②  スピードを少し速めて10~20回ウインク
③  ゆっくりソフトに10~20回ウインク
④  最後に両目をギュッとつぶりパッと目を開きましょう。

 

◆「ギュッ」と「パッ」運動

強い刺激を与える事で、涙の出る腺を緩めていきます。負担のない程度に思いっきり行いましょう。

<やり方>

①  両目を「ギュ」とつぶって「パッ」と目を開けると同時に上を見ます。
②  同様に両目を「ギュ」とつぶって「パッ」と目を開けると同時に下を見ます。
③  両目を「ギュ」とつぶって「パッ」と目を開けると同時に右を見ます。
④  両目を「ギュ」とつぶって「パッ」と目を開けると同時に左を見ます。

 

◆「上下左右」運動

目を大きく動かす事で、目の疲れや凝り固まった筋肉を和らげる運動です。無理のない程度出来るだけ眼球のみを動かしましょう。

<やり方>

①  右上を3秒見つめ→前に戻す→左上を3秒目つめ→前に戻す。
②  右下を3秒見つめ→前に戻す⇒左下を3秒見つめ→前に戻す。
③  右を3秒見つめ→前に戻す⇒左を3秒見つめて→前に戻す
④  上を3秒見つめ→前に戻す⇒下を3秒見つめ→前に戻す
⑤  最後は寄り目をするように、目を中心に寄せます。

 

◆「ぐるぐる」運動

目を滑らかに動かす事で目や、目の周りを整えます。

<やり方>

①右回りに2,3週目を回す
②左周りに2,3週目を回す
③寄り目にして目を元に戻す

 

一通り行っても、1~2分で出来る目の運動です。

パソコン作業の合間など、是非お試しください。


コメントを残す