ドライアイにブルーベリーは効果があるのか?


カシス

目に良い栄養と言えば、誰もが「ブルーベリー」を思い浮かべます。

注目されるのは、ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」。

この成分が目に良いという報告が多数ありますが、ドライアイにはどのような効果があるのでしょうか?

 

◆アントシアニンの効果

アントシアニンをはじめとする ポリフェノール類には、強い抗酸化力があり、

活性酸素を抑制する効果からダメージを受けやすい細胞膜を守る働きがあるといわれています。

 

また、免疫力を向上させる効能もあるといわれ、動脈硬化などの生活習慣病の予防や改善などの効果も期待されています。

アントシアニンの効能の中でも、特に注目されているのが、目の健康を維持する効果です。

 

アントシアニンには、眼球内の毛細血管を強くして、血流を改善し、目のすみずみまでに、

酸素や栄養成分を送り、眼のピントを調節する毛様体の働きをよくし、疲れ目の回復などに効果があるといわれています。

さらに、眼球内の光を感じて、脳に伝えるという網膜内のロドプシンという物質の再合成を促進し、

視力回復や、眼精疲労の予防や改善などの効能が期待されています

 

◆ドライアイへの効果は?

ドライアイの原因の1つ「老化」。老化する事によって細胞などが酸化し、働きが悪くなります。

アントシアニンの抗酸化力は、ドライアイの原因である老化予防になります。

また、ドライアイによって疲れ目の症状を訴える方も多いので、

疲れ目や、視力が落ちてきたと感じるドライアイの方は、症状緩和に役立ってくれるでしょう。

しかし、現段階では、アントシアニンがドライアイに効果があるという具体的な報告はありません。

 

<アントシアニンが多く含まれる食材>

・ブルーベリー
・ラズベリーなどのベリー系
・ムラサキイモ
・黒米
・シソ
・黒豆
・赤ワイン

など濃い赤色や青色、紫色をした植物に多くみられます。

ブルーベリーのサプリメントなら、手ごろな価格で沢山の企業から発売されていますので、

疲れ目の症状が辛い、視力が低下している方、目の健康を維持したい方は、是非試してみましょう。

 

 


コメントを残す