ドライアイが悪化する目薬の使い方とは


imasia_11070844_XL

まずは、あなたの使い方を☑してみてください。

 

□ 目薬を一日6回以上差す

□ 目薬を1回に2滴以上使う

□ 市販のドライアイ用目薬を使っている

□ 目薬を3本以上持っている

□ 目薬がすぐなくなる

□ 目薬を開封した日を覚えていない

□ 家族や友人など人から目薬を借りる事がある

□ 目薬を目に付けて点眼する

□ 1~2時間に一度は目薬を差す

□ 1か月以上目薬を使用している

 

 

☑が1つでもついた方は、ドライアイを良くする為の目薬が、逆効果になっているかもしれません!!

でもなぜ、☑にある目薬の使い方がドライアイを悪化させるのでしょうか??

 

ドライアイだと、つい目薬を差してしまいますが、

ほとんどの目薬は使用回数1日3~6回程度。1回に1,2滴の量。と記載されています。

目薬は、薬なので指定された量よりも多く使うと「副作用」が現われるんです!

その副作用が「ドライアイ」!!!

 

ドライアイ用の目薬なのに、使いすぎるとドライアイになる。矛盾している気がしますが、量や回数が多いと、自分の涙がでなくなったり、涙が目薬で洗われてしまって、ドライアイになってしまうそうです。なんでも使いすぎはよくないって事ですね。

他にも、「充血が取れなくなる」「痒み」などの副作用が現れる事もあるそうです。

目薬の頻度や使用量には気をつけましょう。

他にも、市販の目薬に含まれる「防腐剤」もドライアイの原因になるので防腐剤入りの目薬の使用はお薦めできません

 

また、目薬を人から借りる、目に目薬を付けて差す。などの使い方は、目薬の中に菌がついて入り込んでいる事があります。

その目薬を使用すると、角膜などの傷に菌が感染したりし眼病やドライアイの悪化の原因になる事もあります。

目薬は、開けた瞬間から、空気に触れる事で雑菌が入ります。

開封後1か月以上経過したものは、使用を控えましょう。

 

ドライアイには、自分の「涙」が一番の目薬です。

あくびをするなどして、なるべく目薬を使わないようにし自分の涙を出す努力をして乾きを乗り切りましょう!

 

この記事を読んだ方に良く読まれている記事

ドライアイ目薬「防腐剤フリー」「防腐剤なし」の表示は嘘!?

市販のドライアイ目薬ランキング!!

 

 

 

 

 


コメントを残す