ドライアイや失明を招くコンタクトの使い方


imasia_1868768_L

コンタクトレンズ装用者は現在約1,500万人を超え、人口の1割が使用していると言われています。

カラーコンタクトなども普及し、安易にコンタクトレンズを使用する人が増え、コンタクトによるトラブルが増え

ているのをご存じですか??

コンタクトでドライアイになる人が多いですが、中には間違った使い方をして失明する方もいらっしゃいます。

私も数十年ほどお世話になっている1人ですが、コンタクトの注意点や正しい使用方法って、

以外に知らない事やあいまいな事って結構多いです。

正しいコンタクトとの付き合い方をして健康な目を保ちましょう。

自分のコンタクトの使い方を☑してみましょう。

□一日8時間以上使用している

□コンタクトを付けたまま、昼寝、仮眠をする

□コンタクトを付けたまま、プールや温泉に入る

□MRI,CTスキャン検査の時にコンタクトを付けたままにしている

□コンタクトに使用期限を過ぎている

□コンタクトを洗浄しない時がある

□コンタクトの保存ケースを洗っていない

□眼科で定期的に健診していない

□ネットでコンタクトレンズを購入している

□カラーコンタクトを半年以上交換していない

□少し違和感があってもコンタクトを付けてしまう

□不快感があるのに、眼科を受診していない

1つでも当てはまった方は是非改善してみましょう。

3つ以上当てはまった方は要注意!!!

コンタクトレンズが原因でドライアイや、目のトラブルが起こっているかも!!

この機会にコンタクトレンズとの付き合い方を見直してみましょう。


コメントを残す