ドライアイを改善するクルクミン(ウコン)


imasia_2844327_L

 

ウコンは昔から、治療薬、カレー、パエリア、ピラフなどの香辛料として料理に使用され、

衣服や食材を黄色く染める、染料や着色料としても重宝されてきました。

近年では「ウコン」と聞くと、飲む前に飲む!!の肝臓に良いイメージが強いのですが、

ウコンに含まれている黄色い色素「クルクミン」は、他にも健康に良い成分が沢山報告されています。

 

目においては、目の炎症を防ぐ「抗炎症作用」があるという論文報告があります。

 

その他の目に良い効果として、抗酸化作用、涙の構成成分ミネラルが豊富に含まれていることがあげられます。

特にドライアイによる充血などに悩まれる方におススメです。

 

◆クルクミンを多く含む食品

・ウコン

・ターメリック(カレーの香辛料などで使用されています。)

※過剰摂取は、危険ですのでサプリメントから摂取する際は気を付けましょう。

 

◆クルクミンを上手に摂取する方法

クルクミンは、水に溶けにくい性質の為、摂取したとしても殆ど吸収されません。

逆に油とは相性がよく、特に植物性の油に溶けやすいようです。

上手に栄養をとるには、「レシチン」と一緒に摂取すること!!

「レシチン」はクルクミンの吸収を300倍高めると言われているので、少ない量でも上手にクルクミンを吸収できます。

 

◆レシチンが多く含まれる食材

卵黄、大豆 きな粉、大豆系の加工品(豆腐、味噌、醤油など)

 

◆クルクミンを摂取するには「カレー」にひと手間!!

カレーは、植物性の油や、野菜のビタミンなどが入っていますので、

クルクミンを効率よく摂取する方法が盛り込まれています。

そこへ吸収の高める「レシチン」を入れれば完璧です。

 

例えば、

大豆入りカレーや目玉焼き乗せカレーなど簡単に工夫できるので是非試してみましょう!!

 


コメントを残す