ドライアイ目薬「ムチン」を食事から摂取する方法


imasia_7687441_XL

 

「涙のムチン」を改善するドライアイ目薬が発売されましたが

 

 

この「ムチン」食事からも取ることができるんです。

 

 

◆ ドライアイが改善する「ムチン」とは?? ◆

 

ムチンは、 たんぱく質と多糖類が結合した「糖たんぱく質」という物質で、私達の身体の中の

 

唾液

 

などの粘膜の表面を覆うねばねばした液体のこと。

 

 

「涙のムチン」は目と涙をくっけるノリのような役割をしている成分です。

 

 

涙は3層で出来ていて、ムチンは目と触れている涙の一番下の部分。

 

涙3層図

 

このムチンが少なくなったり、質が悪くなったりすると

 

 

涙が目にくっかなくなってドライアイになる。

 

 

そのムチンを増やしてドライアイを改善してくれるのが、「ジクアス」「ムコスタ」という眼科で処方されるドライアイ目薬です。

 

 

◆ ムチンを食事から取る方法 ◆

 

 

ムチンは体内で作られる成分で、食事からもとる事ができます!

 

 

普段私たちの食事で、ねばねばするものと言えば・・・

 

 

そう!

 

 

納豆!

 

 

こんな身近でリーズナブルにムチンが摂れちゃうんです。

 

 

他にも、ねばねばする食材はすべてムチンが含まれています。

 

 

山芋、オクラ、サトイモ、ナメコ、モロヘイヤ、レンコン、明日葉、ツバメの巣などです。

 

 

でもムチンは分子量が大きいため食べたとしても体の中でそのまま吸収する事ができない!

 

 

ムチンの食材を食べると、一度分解されて「グルクロン酸」が作られて

 

 

そのグルクロン酸がムチンを再度体内で作る材料になります。

 

 

「グルクロン酸」は体内の有害な物を排泄したり、

 

 

ヒアルロン酸になったりと色々な所に活躍している成分なので、

 

 

ムチンを含む食材を食べても、涙にまで足りていない可能性が出てきます。

 

 

そこで、お薦めしたいのが、ムチンの生産を高めるビタミンAとマグネシウムと

 

 

一緒にムチンを摂取すること。

 

 

そしてもう1つ

 

 

ムチンは熱に弱いので、生で食べること。

 

 

加熱する場合は成分が外に出でしまうので、スープなど漏れたムチンも食べれる調理方法にしましょう!

 

 

と言っても大量にねばねばしたものを食べるのも辛いという方は、ムチン配合のサプリメントもお薦めです。

 

 

ねばねば成分「ムチン」

 

 

ドライアイ目薬を使わなくても、食事やサプリメントを上手に活用して大量にムチンを摂取してドライアイを改善しましょう!!

 

 

◆  ムチンを効率的に摂取できるレシピ ◆

ムチン配合のドライアイサプリメント

ムチンを使ったレシピ納豆そば

ムチン料理長芋ステーキ

 

 


コメントを残す